12月議会最終日

こんばんは。
宇部市を元気にする!あきむらまさと30歳です。

12月議会は、上程された議案を採決し、閉会しました。

今回の議会では、
以前契約された西岐波共同調理上の増額修正も行われました。

12月現在、原油や鋼材の価格は下落・安定しましたが、
この工事の材料調達時には、まだ高騰中でした。

よって、その補正を行うことに。

今回の原材料高騰はかなり異常なレベルでしたから、
確かに経営上厳しい面があったことは想像に難くありません。

ただ、入札制度の本旨から考えると、
安易な増額・減額修正には?となります。

これから行われる入札には、そのときの価格が反映されますから、
今後すぐには発生しないとは思いますが、
今後発生した場合の対応策についても準備しておく必要がありますね。

12月議会一般質問3日目

こんばんは。
宇部市を元気にする!あきむらまさと30歳です。


一般質問をさせていただきました。

今回のテーマは、市役所の組織・人事など。

民間企業では当たり前のことかもしれませんが、
市役所は、役職などで必要な能力というものが具体的に定義されていません。
(もちろん明文化されていない、ということですが)

これから人材育成基本方針が策定され、
人事評価システムなどを活用しながら、今後は仕組みとしてしっかりと運営されていくはず。


市役所の力は、とりもなおさず職員の皆様の力。
個々の職員のレベルアップが、全体のレベルアップにもつながります。

職員のレベルアップ、終わりのないテーマですが、
インフラ整備などと異なり、金銭的には少ない投資で可能。
財政が厳しい中で、市役所を運営していくこと、
市民の皆様の期待にこたえていくことは
市役所職員の皆様にとっても、非常に挑戦しがいのある、
そんな「良い」時代ともいえます。

少なくとも、何をしても変わらない、
といった時代よりも、
良くも悪くも自分たちの努力が試される、
そんな時代だからこそ、楽しみながら仕事に取り組んでいただきたいものです。

12月議会一般質問二日目

こんばんは。
宇部市を元気にする!あきむらまさと30歳です。

本日の質問・答弁の中から一部を紹介します。

宇部市はガス事業を公営企業で行っています。
平成18年度に天然ガスに転換しましたが、
その後の収支改善に苦慮している状況です。

当初の想定では、平成19年から平成23年に発生する、
天然ガスへの転換とその償却に関連する純損失を、
平成24年から平成26年での純利益でイコールにしようとしていました。

が、平成19年度の決算をしてみると。。。

単年度で4億を超える純損失に。
これは、当初想定の平成19年から23年までの想定累積損失よりも多い・・・

また、オール電化住宅の攻勢などによって、
販売量も想定に足らない可能性が高いわけです。

さて、これから市はどうして行きますか?
ということ。


公営ガス事業は全国的に民営化、譲渡の方向にあります。
その中で宇部市は公営を守っています。

億を超える純損失は簡単に解消できるものではありませんが、
来年度にガス事業検討委員会(仮)を設置して、今後の対応を検討する。
それまでは営業努力に努める、とのこと。

厳しい状況に変わりはありませんが、
これはなるべく傷口を浅くしつつ、静かに退出できる方法も模索しないといけないかもしれませんね。経済的には。

12月議会開会

こんばんは。
宇部市を元気にする!あきむらまさと30歳です。


今日から12月議会。
これまで準備してきた一般質問は10日に行います。
今回のテーマは、職員として必要な資質・能力と、現在の職員さん個々人の資質・能力を加味した適材適所の進展、必要な能力の開発トレーニング、などについて伺います。

8日〜10日まで、一般質問
11日は議案質疑
12日、15日は常任委員会となります。

calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>
selected entries
categories
archives
recent comment
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM