<< こどもたちの夏 | main | 敬老会 >>

山口県市議会議員研修会

こんばんは。
宇部市を元気にする!あきむらまさと32歳です。


山口県の市議会議員が集まる研修会が山口で行われました。

「議会基本条例と議会改革」、「二元代表制と議会改革」の
二つのテーマについて、講演をいただきました。


↑全国市議会議長会 廣瀬講師


↑東京大学名誉教授 大森彌講師

住民のための議会とはどうあるべきか。
そのために、どういった形で市政を変えて行くか、関与していくか。

当たり前の話ですが、
今後の議会は、今まで以上に
自分たちで考え、(議員個人としてではなく)議会の団体意思として、政策を合意形成していかねばならない。

住民の皆さんのご意見を伺い、
住民の皆さんへ議会の意思決定や過程を報告し、

あわせて
市長と市役所職員と対立するのではなく、
お互いに政策を深めていける、
そしてよりよいものに高めていける関係を構築していく必要があります。


阿久根市ではリコール運動へと進んでいっています。
この状況は少なくとも住民のためにはなっていません。
市長が勝とうが、反市長の議員たちが勝とうが、住民の方にとってはどっちでもよく、市政が停滞せずに前に進むことが大切。

宇部市では、
そのような暴走とも取れる行動を取る市長は幸いにしていらっしゃりません。

市長と議会は、
憲法上も設定されている二元代表であり、その意思が異なることは十分に考えられるわけです。

そのときに単に相手を否定するだけではなく、
より良い案へ高めていけるいい意味での緊張感を保てる議会へ、
レベルアップしていきます。


9月議会は昨年度の決算を行います。
その後、
年末から来年3月にかけて平成23年度の予算編成となります。

議会は、
市長提案議案を可決する単なる追認機関などではないのですから、修正や否決、そして議会側からの政策条例の提案、
また予算の修正も含めて、活発に行っていきたいと思っています。
コメント
コメントする









calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
selected entries
categories
archives
recent comment
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM