<< 平成20年度9月議会、穐村の質問1(予算メリットシステム/組織ミッションと総合計画) | main | 平成20年度9月議会、穐村の質問について(予算メリットシステム/組織ミッションと総合計画) >>

平成20年度9月議会、穐村の質問2(予算メリットシステム/組織ミッションと総合計画)

こんにちは。
宇部市を元気にする!あきむらまさと30歳です。


それでは、質問の続きです。

■質問2■
市役所の組織ミッション、各部の組織ミッションとは何か?

組織ミッションとは、市役所が、また各部署が、誰のために存在し、何を目的として、どのような活動をするのか。その基本となるものとの認識のもと、伺います。

また、活動が適切に行われているのか、判断するためのものでもあります。

宇部市の、また各部署の組織ミッションをどのように認識され、また市民へどのような形で公表されてきたでしょうか。進捗はどうか?

⇒(市長)
 第三次総合計画は、まちづくりの指針。
 「活力とやすらぎに満ちた国際交流都市」を目指すべき都市像とし、5つのまちづくり目標と、それを実現するための主要施策を設定。
 さらに、「地域産業の創造・育成」をはじめとした4つの重点戦略プロジェクトを定め、主要指標と目標値を設定し、進捗状況をホームページ等で公表している。
 また、個別計画の中で、指標・目標値を設定、公表しているものある。
 新たな計画を策定する場合には、可能な限り数値的な目標等の設定に勤めている。

 なお、政策テーマと各部署は1対1で対応しているわけではない。
 複数の部局が連携・協力して実施することも多いが、市民志向、成果志向型の市政を効率的に推進するため、平成19年度から、試行的に各部・各課において部方針書・課方針書を作成、それぞれの組織としての使命・役割・目標・課題の明確化と、職員の目的意識・意欲の向上に努めている。


宇部市のミッションは、現総合計画である、第三次総合計画に、言葉で示されていると考えている。が、言葉での表現にとどまり、具体的には何を指すのかわかりにくいのではないか。
「活力とやすらぎに満ちた国際交流都市」を目指しているわけだが、「活力ある街」とは、どういった街と定義しているのか。またこの計画期間中にどの程度活力が向上したのか。その判断は、どのような基準に基づいて行うのか。

平成22年度以降を対象とした、新総合計画の策定がスタートした。
今後、市としての新しい目標を設定し、実施計画を作るが、市として、各部署としての組織ミッションを設定し、公表し、
また、予算は組織ミッションに基づいて作成され、決算ではその進捗がまず評価されるような形で行政経営を進めていくべきと考えるが、
いかがお考えか。

⇒(市長)
 まちづくりの目的をより明確にし、検証するためには、その目安となる具体的な指標・目標の設定が望ましい。
 市役所内での意思統一と職員の目的意識の共有にも寄与する。
 また、市民の市政への関心を高め、市政への参画を促せると考える。

 これまで、事務事業評価や、マニフェスト・重点戦略プロジェクトなど、指標の設定や評価に取り組んできたが、事務量の増大といった問題も出てきている。また適切な目標設定は困難でもある。

 若手職員を中心としたプロジェクトチームで、適切な指標のあり方やその管理の進め方など、より効率的で持続可能な仕組みづくりに向け、検討を進めている。

 次期総合計画の策定の中で、新たな施策体系と、市民にとってわかりやすい指標等についても協議を重ね、取組を進める。

■再質問■
・現総合計画の5つのまちづくり目標のうち、進展している分野とそうでない分野はどこと評価しているか?
⇒(総合政策部長)
 新総合計画策定にあわせ、これまでの状況を把握するために、市民へのアンケートの実施を検討している。その結果を踏まえたい。

・若手職員が検討しているプロジェクトとは、どういった内容か。
⇒(総合政策部長)
 新しい行政経営システムの構築を検討している。
 目標の設定、指標の設定と、その手段の管理などを体系的に行う。
 また資産管理など、複数の検討を行っている。

・今後の指標設定については、「アウトカム(成果を示す指標)」を基本とすることでよいか。
 (↑質問の文言とは、異なりますが、意味としてまとめています。)
⇒(総合政策部長)
 その通り。

※インプット、アウトプット、アウトカムの用語の簡単な説明
インプット:投入量。予算額・人員などを指す。
アウトプット:実施量。仕事の時間や、製造・製作されたモノそのもの。その量。
アウトカム:成果。企業で言えば、利益など。

・新総合計画の策定を通じて、市民の協働をより進めてほしい。
公共サービスをすべて市役所が担う必要はなく、市民の皆様の協力を得て、一緒にまちづくりをするべき。
手が足りないから、お金がないから、市役所はもうできません、みんなで勝手にやってください、といった姿勢ではなく、
一緒にまちづくりを進める同志となっていくためのきっかけとして、総合計画の策定を活用してほしい。


以上、質問の概略です。
コメントはさらに次回。
コメント
コメントする









calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>
selected entries
categories
archives
recent comment
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM